【屋久島旅行記】本当にビックリすると動けなくなる!?屋久ザルとの物語

それは屋久島一周をしていた時の事。


屋久島の西側にある西部林道では屋久シカや屋久ザルに会えて大興奮していた私と旦那。


自然に癒され、


トローキの滝を見終え、


駐車場へ戻る遊歩道で・・・



いきなり草むらから、



「ガサガサっっゴソゴソっっ」


ものすごい大きな音を立てて何かが向かってくる。



私たち「ん?なんかいる?」



そう思った瞬間、


草むらからいきなり


私たち(特に旦那)に向かって


ボスザルみたいなサルが


ものすごい顔で


『ッッシャーーーーーーー』


と叫んできました。


顔をものすごい真っ赤にした屋久ザル!!!!



「キャー」と大声を出し、



とっさに旦那を置いて逃げてしまった私。笑



旦那はあまりのビックリさに足が固まってしまい、



逃げられない状態に。笑



私が逃げてしまったため、




違う屋久ザルが少し追いかけてきましたが、


まぁなんとか2人とも無事でした。



あまりのビックリさに2人も息切れ。。。


私「だ、大丈夫だった?」


旦那「う、うん。。。」


私「ほ、本当に?」


旦那「う、うん。。。」


私「。。。?どうしたの?」


旦那「いやっ、


お前、


俺を置いて逃げたよな・・・?」


私『バ、バレた・・・』


私が、いきなりのサルの登場に旦那を置いて1人で逃げてしまったため、


旦那はその方がショックだったとの事。笑


私は何とか笑い話に変えようとするものの、旦那笑っていない・・・


そして旦那がボソッと


「人ってさ、こういう時に本性が出るんだよなぁ。。。」


あらら〜、かなり根に持っているご様子。


それからというもの、


屋久島旅行が終わった後もずっと根に持っていた旦那でした。


(私は忘れたフリを続ける日々でした)笑


終わり。





関連記事
屋久島一周しました。【前編】
屋久島一周しました。【後編】




コメントする

スポンサーリンク