【体験記】フェリープリンセスわかさで鹿児島から種子島へ!料金や行き方なども紹介します。

いよいよ愛車ハイエース君と鹿児島から種子島へ向かいます。

種子島へは【フェリープリンセスわかさ】に乗って行きます。


なぜ、わざわざフェリーで行くの?



その理由と、フェリー乗船の料金などをご説明します。




【種子島旅行】フェリープリンセスわかさの料金

種子島への行き方は3種類あります。

◼️ 鹿児島空港から飛行機(約30分)

◼️ 鹿児島港から高速船ジェットフォイル(約1時間30分)

◼️ 鹿児島港からフェリー(約3時間30分)



それぞれ時間や料金もさまざまなので、

自分に合ったプランを立てていくのがベストですね!


Emmy
Emmy

私と旦那の種子島旅行プランはこうでした。

①サーフィンをするため、サーフボード(ロングボード)2枚を持参

②種子島ではバンライフ(車中泊)やキャンプを体験したかったため、愛車のハイエース君と一緒に種子島へ

③時間は急いでいないので、種子島への行き方は一番安い行き方



これらの旅行プランをすべて叶えてくれたのが、

【フェリープリンセスわかさ】でした。


料金は、

スタンダード(2等)
大人片道 4,270円
車両片道 19,020円(4m〜5m未満)ドライバー1人分含む

合計 23,290円



私と旦那、サーフボード(ロングボード)2枚と愛車ハイエース君すべて込みで片道23,290円で済んでしまったのです!



これは安い!!!

【フェリープリンセスわかさ】速攻でおすすめします!!









【種子島旅行】いよいよフェリープリンセスわかさ乗船。しかし。。。

朝8:40出航のフェリープリンセスわかさに乗船します。

しかし、朝8:10鹿児島本港区南埠頭へ着いたものの、場所が分からない。。。

コスモラインのホームページを見てみると、

「プリンセスわかさ看板」を左に行くと書いてありますが、

駐車券をもらうゲートしかない。。。

前の車はみんな引き返していく。。。

ゲートまで行ってみるとそこには

一般車両進入禁止」の文字が。

プリンセスわかさの乗船所ではないのだと思い、

私も1度引き返しました。

それから乗船所近くをウロウロ。

プリンセスわかさのフェリーや受付場所は見えるものの、

車でどうやってそこまで行っていいのかが分からず。。。

その辺を何周しても進入出来る場所がなかったため、

さきほどの一般車両進入禁止のゲートへもう一度行って見ることに!

思い切って駐車券をもらってゲートを抜けようとした時、


小っっっさい看板で「プリンセスわかさ航送車両ゲート

って書いてありましたヽ(;▽;)ノ


これは分かりずらい。笑

しかもこの駐車券はどうしたらいいの?笑
(後で捨てました。)


そんなプチトラブルもありながら無事到着し、

受付を済ませて乗船します。


Emmy
Emmy

乗船所は少し分かりにくいため、余裕を持って早めに行く事をおすすめします!!







【種子島旅行】フェリープリンセスわかさの船内

船内はこんな感じでした。


予想以上に船内は綺麗で快適です。

船内にはレストランがないので、

乗船する前に朝ご飯を買っておく事をおすすめします!

この日の船はまったく揺れませんでしたが、

もしもの時用に、こんなエチケット袋もしっかり用意されていました。



さようなら桜島。


フェリープリンセスわかさで3時間30分の船旅。種子島到着

鹿児島を抜けてだんだんと海の色も青くなってきました。

そして出航から3時間30分。

いよいよ種子島に到着します。

それにしても海の色が別格です!

離島に来たなって感じがします。

おじゃり申せ種子島!

ついに種子島上陸です。

種子島の旅はこれからです。


種子島へ旅行するなら、こんな記事もおすすめです。

種子島にある中種子町自然レクリエーション村が最強だった。

【サーフィン】種子島に着いた初日の波チェック。

【種子島観光】千座の岩屋。浜田海水浴場も綺麗。

オーストラリアのホワイトヘブンビーチを超えた!?種子島の浦田海水浴場は海の色が別格だった。

【釣り】種子島の島間港で釣り。何が釣れる?






フェリープリンセスわかさ 詳細

フェリープリンセスわかさでは、のんびりと自由な3時間30分の船旅が味わえます。

コスモライン
ホームページ
フェリープリンセスわかさ車両・貨物の予約・問い合わせ電話番号: 099−222−8271
電話受付時間: 9:00〜17:30
日祝休み




スポンサーリンク