屋久島一周しました。【後編】

屋久島一周【前編】の続きです。

関連記事
屋久島一周しました。【前編】



日本の滝100選の1つ。屋久島の迫力満点【大川の滝】

西部林道を無事抜けて、大川の滝へ向かいます。

大川の滝は、日本の滝100選の1つで屋久島で最大規模を誇る水量と高さです。

写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、目の前で見るとものすごい迫力です!

滝が下へ落ちる水しぶきも浴びまくりです。

マイナスイオン満喫中!笑

この時の水量はまだ少ない方らしいのですが、それでもものすごい水量だと感じました。

あまりの迫力に圧倒され、足が動かずなかなか次のスポットに進めませんでした。笑



屋久島の開放感あふれる野天風呂 湯泊温泉

大川の滝を後にし、先へ進みます。

次に来たのは露天風呂ならぬ野天風呂です。

ここは無人の温泉で、仕切りもないため、丸見えです。汗

男湯

丸見えですが、ちゃんとした温泉なのでもちろん水着はNO!

足湯もNO!

入る方は覚悟が必要かもしれませんね。

女湯

しかし海を眺めながら無人の温泉を味わえる開放感も悪くないかも♫



時間に制限がある屋久島の平内海中温泉

湯泊温泉の近くにもう1つ温泉があります。

それが入浴時間は1日2回!干潮時の前後約2時間と決められている平内海中温泉です。

ちょうどここへ着いた時、干潮時の前1時間くらいだったので、温泉が出来ていました。

平内海中温泉入口の看板

平内海中温泉入浴の心得

平内海中温泉入浴心得の看板から先は写真撮影は禁止になっているので写真はありませんが、

バッチリ温泉が出来ていました!

男女混浴となっており、昔ながらの風情が味わえる開放的な温泉でした。

ここも水着や下着の入浴はNGです。

ちなみにこの時は10人ほど入浴していました。



千と千尋の神隠しの千尋の名前はここから生まれた!?屋久島の千尋の滝

ジブリの千と千尋の神隠しの主人公「千尋」という名前はこの「千尋の滝」から生まれたとも言われています。

しかし、1つ違うのはこの「千尋の滝」は「ちひろ」とは読まず、「せんぴろ」と読みます。

駐車場に車を止め、歩いて行くと見えました!

滝もスゴイけれどサイドにある岩盤が迫力満点です!

本当に自然で作られた岩なの!?とビックリするくらい素晴らしいです。

千尋の滝を眺めながらのたんかんジュースは最高でした。

これはオススメ!めちゃ美味しかったぁ!





海に直接落ちる!屋久島のトローキの滝

トローキの滝へ行くにはこちらのぽん・たん館という看板が目印。

このぽん・たん館の看板の左側の遊歩道を進んで行くと、トローキの滝展望所があります。

遊歩道の注意看板

こんな道を通ってトローキの滝展望所へ向かいます。

少し歩くとトローキの滝の展望所へ着きました。

トローキの滝

ここは海に直接落ちるという珍しい滝のようです。

この展望所からはあまり迫力が感じられませんでしたが、

どうやらカヤックに乗ってトローキの滝を間近で見て感じる事が出来るアクティビティもあるようです。

間違いなくカヤックに乗ってこの滝を見る方が迫力満点で良いなぁと思いました。



屋久島一周してみて

トローキの滝を最後に無事、安房にある宿に戻りました。

1日かけて時計と反対回りで屋久島を回り終えました。

屋久島を一周してみて感じた事は、

行く場所によって海の色や見る景色、山の迫力などがかなり違ってみえたことです。

屋久島の東側には空港やレストランなどがあり、

賑わった様子でしたが、

屋久島の西側は信号もそれほどなく、

とてものどかな場所でした。

屋久シカや屋久ザルにも出会えたし、

楽しいドライブとなりました。


屋久島旅行ならこちらから↓




コメントする

スポンサーリンク