【屋久島登山】屋久島の白谷雲水峡へ。リベンジ果たします。

屋久島に滞在中、台風が隣を通過し、

屋久島でも大雨が降りました。

屋久島に来たら、

白谷雲水峡には絶対に行きたい!

と思っていた私。

雨が止み、いざ白谷雲水峡に向かいます。



白谷雲水峡とは?

白谷雲水峡とは、屋久島の人気登山3ルートの1つになっており、

緑の苔・白い水・潤いに満ちた緑の森が人々に感動を与えると人気の登山です。

白谷雲水峡は3つの登山コースがあります。

【弥生杉コース】約1時間 約2km

【奉行杉コース】約3時間 約4km

【太鼓岩往復コース】約4時間 約5.6km

白谷雲水峡へは宮之浦から山の方へ登って行くのですが、

それはそれはスゴイ道です。

写真では分かりずらいですが、

ガードレールの先が崖になっているため恐怖でもあり、

また、かなり上まで登るため素晴らしい景色にも出逢えます。






雨で道が通行止め!?白谷雲水峡

台風が過ぎ去り、雨が止んだ次の日、私は白谷雲水峡へ向かいました。

登山の用意を完璧に終え、いざ出発!

受付に行くと・・・


「前日の雨のため、奉行杉コースおよび太鼓岩往復コースの登山道は通行止め」

との貼り紙が。

どうやら前日の雨で川が増水し、沢が渡れないとのこと。

しょうがない。

自然相手ですからね。

そんな風に自分に言い聞かせていましたが、やっぱりショックはショック。

登山する準備万全でしたからね。(スニーカーだったけど。笑)

30分くらいその辺でウロウロし、(未練がましい。笑)

この日は仕方なく戻りました。



リベンジなるか?もう一度白谷雲水峡へ

次の日。

もう一度白谷雲水峡へ。

昨日は雨は降らなかったので大丈夫だろう。

でも通行止めだったらどうしよう。

そんな期待と不安と共に昨日のリベンジを果たすため受付へ。

どうやら今日は通行止めはないとのこと。

良かったぁーー!

安心と共に登山へ向かう準備をして、

いざ出発です。



白谷雲水峡の大自然

私は太鼓岩往復コースを選びました。

スニーカーしか持っていなかったので約4時間の登山道が少し心配でしたが、スニーカーでも大丈夫でした。

もちろん登山靴があれば間違いなく登山靴の方がいいですね。

白谷雲水峡の登山道です。

さぁ出発!
まずはこんな道を歩いて行きます。
こんな橋も渡り、
滝も見る事が出来、
さぁいよいよ登山道に突入!周りの景色はこんな感じ。
この道を歩いて行きます。
苔に雫がついて、なんだかとても綺麗。
パンフレットや本などでよく目にする場所に到着。とっっても綺麗。
川の水も綺麗。
更に進んで行きます。

着きました。

苔むすの森です。

どこの世界に引き込まれたのだろう

と思うほど神秘的な光景にずっと立ち止まっていました。



白谷雲水峡から太鼓岩へ

14番の辻峠を境にものすごい深い深い森になっていきます。

この看板から先が深い深い森。

登山道でもかなり険しい登山道です。

いきなりディープになっていく。
後ろを見たら転げ落ちそうなほど急な坂

このような険しい道を約1.2km登っていくと・・・


太鼓岩に到着です。

1つの大きな石で出来ている太鼓岩。この石の下はすぐ崖。

強風が吹き、汗をかいている私は一瞬で鳥肌が立ってしまうような寒さです。

最初は雲が一面に覆われており何も見えない状態でしたが、

たまに風とともに雲が過ぎ去ってくれ、

ものすごい絶景を見る事も出来ました。

太鼓岩とスニーカーのアンバランスな様子。笑


私は登山経験があまりありませんが、

おそらく登山が好きな方は、

こういう景色を見るために登るんだろうなぁ

と勝手に思いました。

今までは海ばっかり行っていましたが、登山も好きになりそうです。


白谷雲水峡 詳細

白谷雲水峡
ホームページ
住所  :  屋久島自然休養林 白谷地区
協力金 : 高校生以上(個人)1人500円
                団体割引15名以上 1人400円



屋久島旅行ならコチラから↓




関連記事
屋久島のヤクスギランドで登山と紀元杉



コメントする

スポンサーリンク