【水着ボトム】おしりは女性の武器!?水着ボトムカットの種類をご紹介!

皆さんは水着ボトムの中で【ボトムカット】と呼ばれている物をご存知でしょうか?

☑︎ボトムカット?何それ知らない。
☑︎ボトムカットっていう水着の種類?




【ボトムカット】とは、水着ボトムのおしり部分の形の事を指します。




水着ボトムの種類で、

サイドに紐がついている【タイサイドビキニ】、

お腹まですっぽり履ける【ハイウエストビキニ】、

近年定番の水着となりつつある【ワンピース水着】などなど

さまざまな種類の水着ボトムがありますが、

これらにも、色々なおしりの形をした【ボトムカット】があるのです。

Emmy
Emmy

今回はボトムカットの種類を、イラスト付きで詳しくご紹介していきますね。
ぜひ参考にしてみてくださいね!






【水着ボトム】ボトムカットとは?


ボトムカットとは、水着ボトムのおしり部分の形の事を指します。

ボトムカットにはいくつかの種類があり、

日本では【フルカット】や【ミディアムカット】と呼ばれるボトムカットが定番です。

しかし、海外では【ブラジリアンカット】や【セミソングカット】が定番となっています。

そんな◯◯カットと呼ばれているボトムカットの種類をイラストでご紹介します。



【水着ボトム】ボトムカットの種類をイラストでご紹介




上記のイラストのように、ボトムカットの種類は大きく分けて5つあります。

日本では【フルカット】や【ミディアムカット】と呼ばれるボトムカットが定番ですが、

海外では【ブラジリアンカット】や【セミソングカット】が定番となっています。

Emmy
Emmy

次に、5つのボトムカットの特徴などをそれぞれご紹介していきますね。






【水着ボトム】日本では定番のボトムカット『フルカット』



その名の通り、おしりをスッポリとカバーしてくれるのがこちらの『フルカット』。

「おしりの食い込み」など気にする事なく、

安心して着れるのがフルカットの魅力。

おしりを出すことに抵抗がある方におすすめです。




【水着ボトム】日本でもう1つ定番のボトムカット『ミディアムカット』



こちらの『ミディアムカット』も日本では定番のボトムカットです。

ミディアムカットは、フルカットの3分の2ほどの面積で、

フルカットよりは少しおしりが出ますが、

その分、おしりをスッキリと見せてくれるのがミディアムカットの特徴です。

おしりをあまり出したくないけれども、

後ろ姿を綺麗に見せたいという方におすすめです。




【水着ボトム】健康的なおしりに見せてくれるボトムカット『チーキーカット』



こちらの『チーキーカット』は、

『cheekyカット』または『スキンピーボトム』とも呼ばれているボトムカットです。

フルカットの2分の1ほどの面積で、おしりをプリッと見せてくれます。

日本ではまだ馴染みがないですが、

海外では健康的なおしりに見せてくれるという特徴から、

人気のボトムカットの1つとなっています。




【水着ボトム】海外では定番のボトムカット『ブラジリアンカット』



海外では定番中の定番がこちらの『ブラジリアンカット』です。

チーキーカットと同様、フルカットの2分の1ほどの面積で、

より足が長くみえるような形が特徴的。

おしりを出す事に抵抗がなく、

むしろおしりを出す事によって女性らしい綺麗なスタイルになると

海外では1人1枚は必ず持っているというほど人気のボトムカットです。

そんな海外女性に人気のブラジリアンカットですが、

近年では日本でも話題になりつつあります。

日本のプールや海ではまだ恥ずかしさもあるかと思いますが、

海外旅行をする時なんかにおすすめのボトムカットです。




【水着ボトム】海外で人気のボトムカット『セミソングカット』



こちらの『セミソングカット』も海外では人気のボトムカットの1つです。

フルカットの3分の1ほどの面積で、Tバッグの形に近いですが、

Tバッグよりは面積がある、程良いカットが人気のヒミツ。

とにかく「おしりが女性の武器!」と言っても良いほど

惜しみなくおしりを出すセミソングカットは、

脚長効果や美尻効果抜群で、女性らしい綺麗な後ろ姿を出してくれるボトムカットです。

日本のプールや海ではまだまだ恥ずかしさはありますが、

一度は試してみたいボトムカットです。




【水着ボトム】ボトムカットの種類 まとめ


いかがでしたでしょうか?

水着ボトムもたくさんの種類がありますが、

ボトムカットもまたたくさんの種類があります。

水着はトップスだけではありません!


どんなボトムのどんなカットが好きか、

たくさんのボトムを試してみて、

ご自分の好みの水着ボトムを見つけてみてはいかがでしょうか。




コメントする

スポンサーリンク