【問題解決】フィットネス用のレギンスやブラトップって水陸両用?フィットネス用とスイム用の違いについて。

ランニングやヨガなど汗をかく時に着るフィットネス用のレギンスやブラトップ。

少し水着の素材に見えたりしませんか?

また、同じようなレギンスやブラトップで水泳やサーフィンをしている方もよく見かけます。

フィットネス用とスイム用のレギンスやブラトップは同じ素材なのでしょうか?

今回はそんなフィットネス用とスイム用の違いや、

水陸両用との違いについても詳しくご説明します。




フィットネス用とスイム用のレギンスやブラトップの素材は同じ?水陸両用?

結論から言うと、フィットネス用とスイム用のレギンスやブラトップの素材はほぼ同じです。

フィットネス用・スイム用どちらも伸縮性のある


「ポリウレタン」という素材が、


ポリエステルなどとブレンドされ、レギンスやブラトップは作られています。

フィットネス用もスイム用もほぼ同じ素材で作られているため、形やフィット感などもよく似ています。





フィットネス用のレギンスやブラトップって水陸両用?フィットネス用を着て水の中に入ってもいい?

フィットネス用とスイム用の素材はほぼ同じで作られていると説明しました。

では、フィットネス用のレギンスやスポーツブラなどで水の中に入っても良いのでしょうか?


Emmy
Emmy

結論から言うとオススメはしません!


詳しく説明すると、決してダメな訳ではありません

たとえば、普段着のTシャツを着て水の中に入る事って出来ますよね。

それと同じで、フィットネス用のレギンスやブラトップを着て水の中に入る事ももちろん出来ます。

しかし、Tシャツを着て水の中に入るとどのようになるでしょうか。

Tシャツが身体に纏わりつく


Tシャツが重くなる


ゴワゴワする。。。


などなど、Tシャツを着て水の中で泳ぐのには、少し不快な思いをしてしまいます。

フィットネス用のレギンスやブラトップも同じで、水の中で泳ぐのには少し不快な思いをしてしまうのです。


フィットネス用とスイム用の素材はほぼ同じで作られているのになぜ不快な思いをしてしまうの?



実は決定的な違いがあるからなのです!!


フィットネス用のレギンスやブラトップは水陸両用ではない!スイム用との違いはこの3つ!

フィットネス用とスイム用のレギンスやブラトップの素材はほぼ同じと説明しましたが、

決定的に違うのは、


吸水性】・【通気性】・【速乾性】です。

通常、フィットネス用は汗を吸ってくれる【吸水性】がありますが、

スイム用は汗や水を弾く「撥水加工」がされています。

また、フィットネス用は【通気性】がありますが、


スイム用は水の抵抗を抑えるように作られているため【通気性】は考慮されていません。

さらにスイム用の場合、【速乾性】がありますが、


フィットネス用のレギンスやブラトップの中には吸水性の高い「コットン」や「ウール」が使われている場合があり、


水着よりは【速乾性】が高くはないのです。




【体験談】水陸両用ではないフィットネス用ブラトップで海に入りました。スイム用との違いは?

Emmy
Emmy

私も実際にフィットネス用ブラトップを着てサーフィンをした経験があります。



見た目もほぼ同じだったのでイケるかな!?という気持ちで入水。

結果、実際に出来なくはありませんでした

しかしずっと水の中にいると、吸水性のあるフィットネス用ブラトップが水を吸ってしまい、だんだんと重くなっていき、

さらにその重みで胸元が徐々に開いてきてしまったのです。。。

「もし水泳をしていたら・・・」

と考えた時に、おそらく胸元が気になってしまい、うまく泳ぐ事が出来なかっただろうなと思います。

Emmy
Emmy

この体験依頼、私はフィットネス用とスイム用をしっかり分けて着用しています。





スイム用は水陸両用?スイム用のレギンスやブラトップでランニングやヨガなどのフィットネスをしてもOK?

フィットネス用で水の中に入るのはオススメしないとご説明しました。

では反対にスイム用のレギンスやブラトップでランニングやヨガなどは出来るのでしょうか?

先ほどと同じで出来なくはありません

しかし、【吸水性】や【通気性】などがスイム用には備わっていないので、

汗をかいた時に、汗で蒸れてしまう事があります。

ランニングやヨガなど陸上で汗をかく運動をする場合には、やはりスイム用ではなく、


吸水性】や【通気性】のあるフィットネス用のレギンスやブラトップを着る方が良いでしょう。




フィットネス用もスイム用も兼ね備えたのが水陸両用!

フィットネス用は陸上で運動する時に、

スイム用は水の中に入る時に、

それぞれ着用する方が良いと説明しました。

ではその両方が出来るレギンスやブラトップはあるのでしょうか?

Emmy
Emmy

答えは、あります!!!



それが『水陸両用』のレギンスやブラトップです。

水陸両用のレギンスやブラトップとは、

通気性】と【速乾性】を合わせた水着の事です。

ランニングやヨガをした後、そのままプールに入りたい!


そんなちょっとワガママな意見を取り入れてくれたものが『水陸両用』のレギンスとブラトップなのです。





他にもいろんな柄やいろんな色の水陸両用の水着があります。

ぜひチェックしてみてくださいね!




【まとめ】フィットネス用・スイム用・水陸両用の違い

フィットネス用のレギンスやブラトップはランニングやヨガなどの陸上での運動の時、

スイム用のレギンスやブラトップはプールや海など水の中に入る時、

水陸両用のレギンスやブラトップは陸上での運動と水の中に入る両方をしたい時にそれぞれ着るのが良いでしょう。

それぞれのシチュエーションに合ったレギンスやブラトップを選んでみてくださいね!


関連記事
スイムレギンスとスイムトレンカの違いって?履き方やサイズの選び方




コメントする

スポンサーリンク